最新婦人科検診情報まとめ


最新婦人科検診情報まとめ

女性に特有の病気を早期発見するための健康診断があります。婦人科検診という検診で、子宮がんや乳がんをはじめ子宮筋腫や卵巣のう腫などを初期の段階で見つけるための検査が行なわれます。
婦人科検診は、人間ドックのオプション検査や全国の自治体が実施する検診で受診することができます。ここで、健康診断を有効に受けるためにはまず情報を整理して自分なりに知識を持っておくことが大切です。
例えば婦人科の病気の代表である子宮がんは、腫瘍ができる部分により子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がんの3つに分類されますのでトータルに子宮がんの検診を受けておくのがいっそう安心です。また乳がん検診については、その検査方法がいろいろあります。視診や触診、マンモグラフィー、エコー検査などです。マンモグラフィーは乳腺用のレントゲン検査で、エコーは妊婦さんも安心な超音波の検査です。
こういったことから、子宮がん検診や乳がん検診が受けられるということであっても、その検査の内容について最新の情報を把握した上で婦人科検診を受ける医療施設を選ぶことが検診の効果を最大限に引き出すことにつながります。

婦人科検診は定期的に受診しよう

婦人科検診は一般的に子宮頸癌や子宮体部癌の検診のことを言います。子宮癌は女性特有のがんで、初期の段階では自覚症状があまりありません。そのため自分では気が付きにくく、こういった婦人科検診を受けるっことによって早期発見をすることができます。早期発見につなげることができれば、その治療もすぐに取り掛かることができるため女性特有のがんを完治させる可能性も高くなりますし、その前兆を見つけることによって発症を予防することができます。検診は婦人科を受診して行うことができます。検査内容は症状や既往症などを聴く問診、子宮や卵巣の大きさなどを腹部を触って確認する内診、専用の器具を使って子宮の入り口あたりから細胞を採取して顕微鏡で細胞の形態を確認する細胞診があります。また子宮体部の細胞診を行うこともあります。子宮体部癌は閉経前後の女性に多く見られるとされますが、子宮頸癌は若い女性にも見られることがあります。そのため婦人科検診を定期的に受診することで癌などの発症を未然に防いだり、早期治療を行うことができます。

 

婦人科検診の施設ならマーソ(MRSO)で探せる!見つかる!